こそだて おでかけ

子育て中のお出かけや日々の雑記です

保育園!遠足用!お弁当!

毎日、
ママのご飯まずい!
と言われているわたくしの
お初、おキャラ弁でございます。
ジャジャーン!

リラックマの横にいる白いクマを模してみましたが、誰もわからず…

見た目は大丈夫ですかね!?
ただ、ここに入ってる卵焼き
岩塩をまるかじりしたようなしよっぱさ
子供、嬉ししょっぱい顔してんのかなー

 

f:id:wolk1200:20170427160423j:plain

子供 英会話

小さいうちから英会話に触れておくと、 将来の英語力に影響する と、聞いて何かやりたいなーと思いつつ、、 なかなか本人も乗り気でないと継続できないし

親が喋ってれば一番良いのでしょうけど、 普段英語を使う機会ってあまり無く、 日常会話でも、意識しないと忘れてしまうなー

本人は英語教室を嫌がるので、私がオンライン英会話を始めました~教えたり、少しでも興味が出ればいいかなとおもいました

英会話をやっている子もまわりに増えてきて、 見ると焦っちゃうけど、 目標は 誰が相手でも 言葉が何でも、 物怖じせずに話していって欲しいな!

星座☆

うちの子が急に星座にはまった。
図鑑を買うと、ぶつぶついいながら読み込んでいる。
夜に一緒に空を見上げると、街の明かりで3,4個しか星は見えない。
でも、よーく見ていると星に色がついていたりして、またたいている
とてもきれい!
こどもが居なかったら、気づけなかったこと。
ありがとうね!

久々にブログを書きました・・

 

 

前回は自分の給料なんかを書いていたんですね・・

 

まだ上がっていませんヨ

 

その後、ブログを離れて、

 

オンライン英会話にはまっていました。

 

フィリピンの先生だと25分で200円

 

その他の先生は25分1000円

 

フィリピンの先生は先生によってなまりがすごく聞き取りずらいですが、

 

アウトプットするために回数をこなしたい場合は最適です!

 

 

派遣社員の給料

 

金融系の電話オペレーターの

 

派遣社員として5年経過しましたが、

 

上がった時給は¥130・・・

 

ちなみに¥100分は、

 

業務が大幅に変更になる時期と、古株の方が多く辞める時期がかぶり

 

引きとめ料のような感じでした。

 

 

なので実質¥30・・・

 

 

やる気が無くなってきました

 

 

現在の時給¥1430也

 

 

社員になる派遣の同僚も数名居たのですが、

 

給料が手取り額はあまり変わらず、

 

業務量がかなり増え、

 

ボーナスが1回5万とのこと

 

派遣先はテレビCMも流す大手なのにです・・

 

 

今日のやる気が朝6時ですでにゼロに…!

 

腰が重いが転職か!?

 

気づいたら今年は1円も上がってなーい

 

 

音楽にノる子供

テレビやラジオで音楽が流れると、

 

曲調に問わず、体を動かしたり、顔を音に合わせていったり……

 

音楽に合わせて踊ったり、ひたすらジャンプしたりが大好き♪

 

私もパパも音楽が好きで、(ジャンルはロックなのですが)

 

フェスやライブによく行っていました。

(もちろん今は全くです!!)

 

 

子供がうまれてからは、

 

いつの間にか、家で音楽を流すことすらしなくなり、

 

アイチューンズのプレイリストも、5年前から新曲はほぼ皆無…。

 

なので家ですすんで聞かせてる訳ではないのに、音楽にノる(笑)!

 

 

子供をみていると、音楽にのるって、からだの底から湧きでてきて、

 

聞いた話では、

 

お腹にいる胎児の時に、心臓の音を聞き、

 

そのリズムが体にインプットされ、

 

胎児の時からすでにリズムにのることを覚えているとか!?

 

だから自然に何でも踊れちゃうんだなーと納得しました笑

 

 

 

ドキドキ 始めての保育園

保育園に預け始めた時は、

 

朝のお別れのときの泣きっぷりに、

 

一日重い気持ちになったものです。

 

うちは0歳から入りました。

 

働かなくてはいけない経済事情と、

 

一歳になってしまうと途端に保育園に入れない、待機児童問題ってやつです。

 

0歳でも、市が運営している保育園にはもちろん入れず、私立の保育園に入れました。

 

朝、先生が抱っこして、

本人はポカーンとした顔をして、

バイバイしてドアを閉めると、

大泣きの声が聞こえたり、、

 

ママ〜〜!!!

と大泣きして離れないところを、

保育士さんが優しく引きはがして(笑) 

 

つらかったです。

一生の別れのようでした。

 

もう仕事やめてやる!

生活なんてどうにかなるんじゃ?!

と思い詰めたり…

 

 

でも、帰るとけろっと楽しそうに遊んでるんです!

 

これは毎回でした。

それで、ああ大丈夫なんだ…と安心したものです。

 

でも本人が寂しい思いをしたのは間違いないので、

 

 

でも、そのぶん、できるだけ帰ってからの時間は、遊ぶこと優先しました。

 

 

6歳の今では、

 

ママお仕事頑張ってね!

 

と、見送れるようになりました。